胎教がもたらす効果や大切さ

胎教は赤ちゃんに良い影響を与えると言われています。
胎教とは何であって、赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、どういう風に行うのかを紹介していきます。

妊活中に胎教に関する事も学んでおきましょう。
胎教というのは胎児とコミュニケーションをとる事です。
妊活中はイメージしにくい所もありますが、お腹の中にいても聴覚が発達してくると母親の心臓の音や、話し声、音楽などが聴こえていると言われていて、それが胎児にいい刺激になると言われているのです。
妊活中に用意できる物もあるので、見ていきましょう。

妊娠5ヶ月から7ヶ月頃になると、赤ちゃんの聴覚が発達してくるので、音を感じるようになると言われています。
胎動が始まるのもこの頃ですから、コミュニケーションが取りやすくなるのです。
もちろん個人差はありますが、実際に胎教をしていた事でメリットになる事も多いです。

胎教のメリットとしては、いつも機嫌が良くて夜泣きがほとんどない、親子関係がスムーズになる、よく笑う、気持ちが安定している、言葉を早く覚えるなどがあります。
これは胎教により受けた刺激が脳を適度に刺激し、発達を助けるからだと言われています。
ただしこれについては科学的根拠などはなく、あくまでもそう感じるという人が多いだけです。
でも実際にいい影響を与えてくれるなら、試してみる価値はあります。

胎教をする時はお母さんがリラックスしている事が大切です。
体調が悪くて胎教ができない、うまくいかないからと、胎教を考えるあまり神経質になるのはNGです。
最初は特に意識せず、お腹の赤ちゃんに話しかけてみましょう。
おはようやおやすみの挨拶をしてもいいですし、会える日を楽しみにしている事など、素直な気持ちを言葉にしてみるのもいいと思います。
ヒーリング効果のある音楽を聴かせたり、絵本の読み聞かせをしたりするのも胎教です。

胎動があった時に、同じ所を手でポンと軽く叩き、合図を送ってみましょう。
赤ちゃんから返事が来たら、上手だね、ありがとうと声をかけてあげます。
ただし必ず返事が来るとは限らないので、ここは気長に待ちましょう。
意外と簡単な事が多いから、是非試してみてください。