気になる!ソフロロジー出産の実態

出産方法にはいくつかの選択肢がありますが、自分が出産する時にどんな方法で出産したいか考えておくのも大切です。
いま注目されているソフロロジー出産について見ていきましょう。

妊活中にどんな出産方法があるか調べておくのもいいですし、夫婦で話し合っておくと妊活も楽しくなります。
妊活中にポジティブな気持ちになれる事は、とても良い事です。

ソフロロジー出産というのは、ヨガや瞑想を取り入れながら呼吸法でリラックスした出産をする事を目的としています。
わかりやすく言うと、痛みを全て受け入れつつ、呼吸法でリラックスしながら自然な形で出産をする事です。
ソフロロジーというのはスペインが発祥の地であり、ソフロロジー出産を取り入れたのはフランスが初と言われています。
日本でも海外でも出産時の痛みはつきものですが、どうしても痛みがあると恐怖や不安が生まれます。

最近は無痛分娩という出産方法も確立されていますが、痛みを耐えてこそ母親の自覚が持てるという事から賛否両論あります。
しかし痛みがあるとわかっている以上、どうしても不安や恐怖は避けて通れません。
ソフロロジー出産では、痛みを受け入れながらリラックスして乗り越え、産む喜びを味わい、その先に赤ちゃんとの対面が待っているというポジティブ思考な出産方法とも言えます。

痛みはありますが、特に産院を選ぶ必要もなく、CDや書籍を見て学べるので誰でも取り入れる事ができます。
トレーニングが必要ですが、これは妊活中からも開始できます。
同じ痛みでも覚悟とリラックスがあれば、痛みを軽減できると考えているので、必要以上にパニックになる事もなく、無駄に体力を消耗しないなどお産にもメリットが増えます。

ソフロロジー出産は呼吸法を取り入れるので、赤ちゃんに十分な酸素供給ができるというのもメリットです。
リラックスした状態での出産は、産後の回復も早くなると言われています。
赤ちゃんにもお母さんにもメリットは多いので、ソフロロジー出産は今最も注目されている出産方法です。