ベビー用品を購入するなら妊娠中に!

ベビー用品は赤ちゃんが生まれてから必要になる物ですが、生まれてから買いに行くのでは遅い物もあります。
出産後直ぐに必要になる物もありますから、必要性に応じて妊娠中に少しずつ準備していきます。

基本的にベビーグッズを用意するのは、妊活中ではなく安定期に入ってからです。
安定期に入るまでは行動も制限されますが、その間に本やネットで何が必要になるか下調べをしておくと便利です。
先に必要な物をリストアップして見ます。
直ぐに必要ではない物は後からでもいいので、先に必要な物から揃えていきます。
だいたい妊娠9ヶ月目までに、必要な物を揃えていけばいいので焦らなくても大丈夫です。

赤ちゃんが生まれてすぐに必要な物から見ていきます。
肌着、長肌着、コンビ肌着、ボディスーツなど季節に合わせて揃えます。
赤ちゃんはかなり汗をかくので、各3枚から6枚ずつあると便利です。
ベビードレス、カバーオール、ロンパースなども洗濯する事を考えて合計で5枚から7枚くらい用意しておけば最初はローテーションできます。
ミトン、靴下、帽子、おくるみ、ガーゼハンカチ、スタイなどは生まれてすぐに使う物とそうでない物がありますが、赤ちゃんが小さいうちは買い物に行けない事も多いので、用意しておくと安心です。

おむつ、ミルク、哺乳瓶、母乳パッド、授乳クッションなども必要になる可能性が高いので揃えておきましょう。
なくてもなんとかなりますが、あると便利なのがベビーハンガーです。
赤ちゃんは汗をかきますし、おしっこやウンチ漏れも多いので、洗濯回数が増えます。
赤ちゃん用の肌着やウェアーは大人用のハンガーでは大きすぎてキレイに干せません。
今は100円ショップでも揃えられるので、用意しておくと便利です。

ベビーべッドやベビーバス、ベビーカーなどの大きいものは置き場所に困らないから購入してもいいですし、試用期間が限られる物はレンタルをするのもオススメです。
レンタルする場合も出産前に用意しておきます。
こういう物は妊活中に調べておけば、必要になった時何を買えばいいか分かるので便利です。