みんなどうしてる?里帰り出産

出産をする時に今住んでいるところでするか、実家に帰る里帰り出産を選ぶかは人による違いも大きいと思います。
今住んでいるところと実家までの距離や環境によっても条件は変わってきます。

妊婦がが全て里帰り出産をするわけではありませんが、妊活を始めるにあたり、出産をどこでするかも考えておいたほうがいいかもしれません。
これにはいくつか理由がありますが、里帰り出産にはメリットもデメリットもあるからです。
妊活中はまだ具体的な事はあまり考えられないかもしれませんが、事前に必要な事が分かっていれば里帰り出産をする時も安心です。

皆はどうしているのか?ここも気になるところですが、実家がかなり遠く、飛行機や長時間の移動を余儀なくされる場合は、体への負担を考えて今住んでいるところで出産するという意見が多いです。
実家までの距離が近くても里帰り出産をするとは限りませんが、一般的には1人目は里帰り出産、2人目以降は自宅近くで出産というケースが多いようです。

特に初めての出産は色々と不安な事もありますし、陣痛が来た時に必ず夫がいてくれるとは限りません。
こういう時は自分の親や家族がそばにいてくれるだけでも心強いです。
出産後は自分が思っている以上に体にダメージを受けていますし、体力が回復するまで時間がかかるため、簡単な家事でさえかなりの重労働に感じます。
さらに当分の間は赤ちゃんに合わせて生活する事になるため、生活リズムが変わります。
実家にいれば誰かしら手伝ってくれるので、子育てに集中できます。

初めての出産はわからない事がたくさんありますが、母としての先輩や身近にいるのはかなり心強いと感じます。
ただ実の親子であるが故の、デメリットもあります。
今と昔では子育て方法も違っていますので、事あるごとに子育ての仕方で衝突する事です。
ここは上手く話し合えば解決できますが、産後はホルモンバランスの変化もあって、実の親子だと言いたい事を言ってしまうのが時にデメリットになる事もあるのです。

遠方の場合は夫が出産に立ち会えないというのもデメリットになります。
ここは仕方ありませんが、夫が来られなくても家族が付き添ってくれるので1人ぼっちという不安はありません。
妊活中に意見が食い違ったら、メリットとデメリットを踏まえてよく話し合っておきましょう。